パートナーコミュニティログイン

PAST AND PRESENT

沿革

02ミツフジの歴史 HISTORY

西陣織からウェアラブルIoTへ
受け継がれるのは、新たな事業へと踏み出す挑戦者スピリット。
日本の伝統繊維メーカーから、生体情報マネジメントを行うグローバル・ソリューションカンパニーへ。
沿革
沿革
1956
昭和31年
創業者 三寺冨士二が西陣帯工場として創業。
1979
昭和54年
三ツ冨士繊維工業株式会社として設立。
1980
昭和55年
開発を始め、導電性ネット、テープなどの販売開始。
1992
平成4年
米国銀メッキ製造会社と独占販売契約を締結。
1999
平成11年
第14回日本心臓ページング学会にて“心臓ペースメーカー防護服”を発表、展示。
2002
平成14年
銀メッキ繊維の総合ブランドとしてAGposs®を商標登録。
2008
平成20年
AGposs® が国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材として採用。
国立台湾繊維研究所(TTRI) とコラボレーション契約を締結。
2015
平成27年
ミツフジ株式会社に社名変更。 第1回ウェアラブルEXPOにて「皮膚非接触型センサーシャツ」を出展。
2016
平成28年
自社初のIoT最終製品サービス「hamon®」を発表。
2017
平成29年
米国ラスベガス開催の世界最大家電見本市「CES2017」にて、hamon®を出展。 東京都千代田区に東京本社及びショールームを開設。
2018
平成30年
福島県伊達郡川俣町に福島工場を建設し、ウェアの製造を開始。
2019
平成31
G20大阪サミットにて日本の革新的技術としてhamon®を展示。