パートナーコミュニティログイン
MITSUFUJI
生体情報で、
人間の未知を編みとく

産業医科大学とミツフジが開発した独自のアルゴリズムで、
脈波情報から深部体温上昇の変化をとらえる

手首につけるだけで暑熱リスクが事前に分かる、リストバンド型デバイス
”hamon band(ハモンバンド)”を、5月19日より発売開始しました。
(大手製造業・建設業を中心に、10社以上の導入が決定しています)

hamon bandはウェアもトランスミッタも通信も不要、
4色のLEDとバイブレーションで、暑熱リスクを事前にお知らせします。

1分でhamon bandが分かる動画はこちらから hamon band特設ページはこちらから

hamon bandのご購入はこちらから

hamon bandのご購入はこちらから 法人のお客様はこちらから

私たちについてABOUT US

生体情報で、人間の未知を編みとく
私たちは、生体情報マネジメントにより、あらゆるライフシーンに
知恵と予測をもたらし、人間の可能性を拡げ、社会課題の解決に寄与する事業を
展開してまいります。

ミツフジの歴史HISTORY

西陣織からウェアラブルIoTへ
受け継がれるのは、新たな事業へと踏み出す挑戦者スピリット。
日本の伝統繊維メーカーから、生体情報マネジメントを行うグローバル・ソリューションカンパニーへ。

サービス紹介SERVICE

ウェアラブルIoTソリューション
Hamon
正確な生体情報とアルゴリズムをコア技術としたウェアラブルIoTソリューション“hamon®”を事業展開し、
様々な社会・顧客の課題解決に取り組んでいます。
※以下の図は、生体情報活用の広がりのイメージです。