プロボクサー村田諒太選手とアスリート向けウェアラブルIoT製品の開発を開始

ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)は、WBA世界ミドル級チャンピオンのプロボクサー村田諒太選手とアスリート向けウェアラブルIoT製品の開発に取り組むことになりましたので発表いたします。

村田諒太選手は、ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダリストで、プロ転向後、約4年で世界王座に輝き、今後に向けた動向が注目されています。

ミツフジでは、スポンサーとして村田選手の競技活動を応援するとともに、当社のスマートウェアシステムhamon®を利用してトレーニング時の生体データを取得。村田選手の経験とデータ、これまでの知見を活かしながらアスリート向けウェアラブルIoT製品の開発を行い、スポーツインテリジェンス分野での本格的な製品展開を目指します。

 

当社は、「生体情報で人間の未知を編みとく」という新しい企業理念のもと、ヘルスケア分野、スポーツ分野を中心に、あらゆるライフシーンに知恵と予測をもたらし、人間の可能性を拡げ、社会課題の解決に寄与する事業を展開してまいります。

IMG_2592

村田諒太(宣材)

【村田諒太選手プロフィール】

身長/182.0cm  体重/72kg  生年月日/1986年1月12日31歳

出身地/奈良県

所属/帝拳ボクシングジム  趣味/子育て(2児の父)

戦歴/プロ14戦13勝1敗(10KO)※アマチュア戦歴137戦118勝(89KO/RSC)

肩書き/ WBA世界ミドル級王者、ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリスト

 

■来歴

中学時代にボクシングを始める。

南京都高校(現:京都廣学館高等学校)で、高校5冠を達成。2004年に東洋大学に進学し、

全日本選手権で優勝。

北京オリンピック出場を逃し、現役を一度引退。

2009年現役復帰後、2011年世界アマチュアボクシング選手権準優勝。

2012年ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダル。

2013年4月プロテストを受け、特例でA級ライセンスを取得。

同年8月25日にプロデビュー戦で東洋太平洋ミドル級チャンピオンを2RTKOで破り、鮮烈なデビューを飾りその後連勝を重ね最激戦区であるミドル級での世界挑戦を2017年5月に行い惜しくも敗北。10月再挑戦をし、見事日本人では初の五輪金メダリストの世界王者となる。

今後、海外でのビッグマッチが期待される。

■主な受賞暦

2012年ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダリスト

2012年JOCスポーツ賞特別功労賞

2012年京都府スポーツ賞特別栄誉賞

2012年紫綬褒章

2012年アジア・オリンピック評議会スポーツ・スター賞

2012年日本スポーツ賞オリンピック特別賞

2012年ベストジーニスト

2012年GQMen of the Year2012

2013年イクメンオブザイヤー

2013年JBC年間表彰プロ部門新鋭賞

2014年ベストファーザー賞

2014年JBC年間表彰プロ部門努力賞

2015年第八回ペアレンティングアワードスポーツ部門

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

ミツフジ株式会社 東京本社

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2-3 日比谷国際ビル1F

広報担当  Tel : 03-6453-9650  E-mail : pr@mitsufuji.co.jp

 

page top