健康生体情報利活用のワンストップサービス構築とグローバル展開 ~先端技術を持つ2社による業務提携の実施とスポーツインテリジェンス向けサービス提供について~

このほど、ミツフジ株式会社(京都府精華町、代表取締役社長 三寺 歩、以下ミツフジ)と、株式会社TRIART(福岡県飯塚市、代表取締役 今津 研太郎、以下TRIART)、は全世界の医療業界・スポーツ業界等向けに、ウェアラブル製品を用いた大量な生体情報データの収集・蓄積・データ解析をワンストップで利用できるサービスを開発提供していくために業務提携することで基本合意いたしました。

西陣織工場として創業したミツフジは、現在は導電性繊維の生産で世界トップクラスの品質を誇り、その応用製品として精度の高い生体情報を取得可能なウェラブル製品を世に送り出し世界的に注目を集めているリーディングカンパニーです。九州工業大学発の研究開発型技術創出ベンチャーであるTRIARTは、トヨタグループ等へのセキュリティ関連システム開発やIoT、人工知能(AI)、医療分野などの最先端分野での豊富な開発実績と高い開発能力を持っています。

本提携により、今後2社はそれぞれが持つ技術や製品を連携させ、様々なサービスを共同開発して全世界に向け提供を行っていきます。まず取り組みとして、ミツフジのウェアラブル生体情報マネジメントサービス「hamon®」を用いた大量な生体情報データの収集・蓄積・データ解析という一連の作業をワンストップで利用可能なサービスとして開発し、2018年を目途に提供を行う予定です。これはミツフジが持つ高精度な生体情報収集に関するノウハウを結集したウェアラブル製品「hamon®」と、TRIARTが持つクラウド環境を最適化し、超巨大なデータの高速処理技術と、セキュアなP2Pブロックチェーン技術を核としたクラウド環境の最適化技術「XCOA(クロスコア)」を持ち寄り、バイタルデータの研究開発用プラットフォームとして解析技術を組み合わせることで実現させました。

本事業提携に先駆けて、2018年1月より、WBA世界ミドル級チャンピオン、村田諒太選手の実証実験環境の提供を開始。トップアスリートが有する未知の領域における心電、筋電などの身体パフォーマンスを研究し、コンディション管理の実現を目指し、本技術を提供していきます。引き続き本サービスは、医療業界・スポーツ業界・医薬品業界等の関係者が利用できるよう構築を進めており、同社は今年度中に開発完了を目指し、2018年度4月から全世界へ向けに提供を行っていきます。

ミツフジとTRIARTは今後、それぞれの持つ技術や製品・ノウハウを活かし、次世代に求められるシステム・サービス・デバイス等を共同開発し、世界のお客様に利用いただくことを目標に共同検討を行い、世界の人々の安心な暮らしに貢献していきます。

なお、1月17日〜19日に東京・ビッグサイトで開催されるウェアラブル端末の活用と技術の専門展『第4回 ウェアラブルEXPO』にミツフジがブース出展し、「hamon®」を展示、デモンストレーションいたします。実際の製品をお手にとってご覧いただけます。またブース内のセミナーで本サービスの概要についてのプレゼンテーションも予定しております。

<サービス概要>
hamon®は、「ウェア」「トランスミッター」「アプリ・クラウド」という複数のプロダクトやシステムの組み合わせにより、高精度な生体情報マネジメントを実現するサービスです。
 

図1

 

page top