お知らせ

日本PCサービスと包括的業務提携契約を締結いたしました

ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩 以下ミツフジ)は、個人・ 法人向けのパソコン、周辺機器などデジタル機器の設定・修理のサポート体制、コールセンター事業など を手掛ける、日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行 以 下日本PCサービス)と包括的業務提携契約を締結いたしました。 これにより、ミツフジは、自社のスマートウェア IoT サービス「hamon®」の導入企業、購入企業に対し、 製品のデリバリーから、導入の際のアプリケーション設定、メンテナンス、コールセンター、保守管理までのサ ポート体制を日本 PC サービスに業務委託いたします。それにより、既存顧客である大手建設業、大手 電機メーカー、介護事業者などへのトータルサービスのご提供を実現。また同時に、弊社は日本 PC サー ビスの顧客向けに販売を実施し、顧客拡大に共同で取り組みます。当取り組みによる売り上げは、 2019 年までに 30 億円を目指します。

ミツフジは、ウェアラブル総合メーカーとして、IoT ソリューションで日本の社会課題を解決し、健康で安心 して暮らせる社会づくりに貢献してまいります。また、ご購入いただいた皆様のさらなる顧客満足に繋がるよ う企業努力をしてまいります。

hamon®(ハモン)とは

アパレル(着衣型生体センサー)、電子製品(トランスミッタ)、IT(アリゴリズムソフトウェア、クラウド)まで、トータルでソリューションを提供するミツフジのウェアラブル総合ブランド。 hamon®の名前は、日本語の「波紋」に由来します。ヒントとなったのは、日本庭園に置かれている 手水鉢。ぽたりぽたりと水滴が落ち水面に波紋が広がる様子と、心臓の鼓動、呼吸を通してエネルギ ーが身体じゅうに伝わるイメージが、生体情報を取得して解析するミツフジのウェアラブルデバイスに重 なりました。また、京都の伝統産業である西陣織で起業したミツフジが、繊維を活用した新たな最新 テクノロジーを駆使して世界に波紋を広げていく、という意味も、この名前には込められています。

【会社概要】

社名:ミツフジ株式会社(京都府精華町)

業務内容:ウェアラブル IoT 製品向け導電性繊維「AGposs®」、及びウェアラブル IoT 製品「hamon®」の開発、製造、販売 特徴:国内外大手企業の多くが採用するウェアラブル電極センサーを自社開発

沿革: 昭和 31 年 三寺冨士二が西陣帯工場として創業

昭和 55 年 導電性繊維の用途開発を始め、導電性ネット、テープなどを開発・販売 平成 14 年 銀メッキ繊維のブランド”AGposs®”を立ち上げ、商標登録

平成 20 年 国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材に AGposs®が採用

平成 27 年 第 1 回ウェアラブル EXPO に出展

平成 28 年 着衣型センサーを使った IoT ウェアラブルデバイスの自社ブランド「hamon®」を発表

平成 29 年 世界最大の家電見本市“CES2017”に「hamon®」を出展

【コーポレートサイト】

http://www.mitsufuji.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】

ミツフジ株式会社 東京支社 〒108-0014 東京都港区芝 5-29-20 クロスオフィス三田 8F

広報担当  Tel : 03-6453-9650  E-mail : pr@mitsufuji.co.jp

page top