パートナーコミュニティログイン

NEWS / TOPICS

お知らせ
ホーム > NEWS > hamonマスクシリーズがふるさと納税返礼品になりました
お知らせ
2021.11.29

hamonマスクシリーズがふるさと納税返礼品になりました

優れた抗菌防臭効果のある銀めっき繊維をふんだんに使用したマスクや、呼吸のしやすいスポーツマスクなどの5品が、現在本社を構える京都府精華町および、2018年に震災復興および繊維産業の継続を目指して竣工した、国内初のウェアラブル生産工場がある福島県川俣町のふるさと納税返礼品になりました。

こちらを通して、少しでも貢献することができたら幸いです。

<京都府精華町について>
精華町は、関西文化学術研究都市の地理的な中心にあり、国立国会図書館関西館、ATRなどがあります。各種文化活動をはじめサブカルチャーを含むさまざまな創作活動などへの支援し、まちづくりを行っています。ふるさと納税による寄付金は、精華町の目指す「人を育み未来をひらく学研都市精華町」の実現に向け、各種事業・施策の貴重な財源として活用されます。

<福島県川俣町について>

川俣町は、平成23年に発生した東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故に見舞われましたが、現在指定されていた避難指示区域が解除されるなど、復旧・復興に向けて歩んでいます。ふるさと納税による寄付金は、ふるさとを理解し愛する優しい心を持ち、また復興後の町の将来を託すことができる人材に育つよう、川俣町の子どもたちの教育と環境整備のために活用されます。

<当社のマスクについて>
コロナの感染拡大と共に深刻なマスク不足が懸念され始めた2020年の1月ころ、着るだけで体の状態が分かるウェアラブル製品の製造開発を行っていた当社に、マスク製造を求めるお声が多く寄せられ、それまで培ってきた抗菌防臭効果に優れた独自の銀めっき繊維やウェアラブル開発の知見を生かした、当時は珍しかった50回洗濯可能なマスクを1か月で開発しました。その後も着け心地やフィット感、洗濯耐久性などを改良し、様々なニーズに合わせたマスクを販売しております。

ふるさと納税サイト「さとふる」はこちらから。